カードローンは自己破産でもできるの?破産者でも審査に通る条件と注意点をEGPAが徹底解説

カードローン 自己破産

どんなにお金の羽振りが良い人でも、何かの拍子に急なトラブルで借金まみれになることがあります。昨今の例では、新型コロナウイルス感染拡大により、飲食業界は大ダメージを受けており、経営者は苦戦を強いられています。

借金をしていても、何とか返済できている人達は良いですが、返済できずに行き詰った方達は債務整理や、自己破産を検討しなくてはなりません。債務整理や自己破産は借金の返済を優遇や、免除できる法律となっています。

債務整理や自己破産をすると、借金ができなくなると思っている方が多いですが、実際にはどうなのでしょうか。今回は自己破産後でもカードローンを利用できるケースを、EGPA編集部がお伝えしていきます。

そもそも自己破産って何?分かりやすく自己破産を解説

言葉では耳にすることがある自己破産ですが、実際にはどのような手続きが、おこなわれるのでしょうか。自己破産をおこなえば借金が無くなると認識していませんか。自己破産をおこなうことは、リスクは伴わないのでしょうか。

自己破産とは、借金返済の目途が立たないときに、借金の返済を免除してもらう申し立てをおこなうことを、自己破産といいます。自己破産をおこなえば、必ず借金が免除されるわけではありません。

ギャンブルなどで作った借金は、基本的には自己破産をおこなえません。これは免責不許可事由に賭博が含まれているからです。他では、浪費なども免責不許可事由にあたるので、自己破産前にギャンブルで最後の大勝負や、高級品に購入などは絶対におこなわないでください。

知っているようで、知らない自己破産について、どのようなデメリットがあるのか、信用機関に自己破産した情報が公開されているのか、などを説明していきます。

債務整理でお金を借りるのは難しい

自己破産とは借金をした方が返済できず困ったときに、最後に取ることができる手段の1つです。自己破産が認められると、借金の返済が免除され新しい生活の第一歩を踏み出すことが可能になります。

しかし、自己破産は条件が厳しく、裁判所を介する必要があり、多くの財産処分もおこなわなければなりません。保証人を設定している債務に関しては、保証人が請求対象になってしまい、迷惑をかけてしまいます。

保証人に迷惑をかけたくない方や、借金総額が少ない方は、債務整理を検討することが可能です。債務整理とは、借金の返済を免除するのではなく、返済を減額する方法となります。減額といっても、利息が減額されるだけで、元本は減りません。

自己破産との違いは、財産処分の必要がない点、整理する借金を選べる点、裁判所を介さず当事者同士の交渉だけで可能な点、などが違いとして挙げられます。基本的には弁護士が代理で手続きをしてくれるので、複雑な作業は発生しません。

では、債務整理中に消費者金融などからお金を借入することは、可能なのでしょうか。答えとしては、新たな借入は難しいです。理由は、信用情報に任意整理をしたと、情報が残るからです。別の言い方では、ブラックリストと、いわれる場合もあります。

ブラックリストになると、新規でクレジットカードの作成や、カードローンの作成などができなくなります。借入が難しいと表現した理由は、すでに発行しているクレジットカードや消費者金融のカードローンに関しては、利用ができる場合があるからです。

債務整理に関しては、減額する借金を選べるため、選ばなかったカードローンや、クレジットカードは利用できる可能性があります。しかし、信用情報が回復するまでは、更新ができないので、利用できる機関は、次回の更新日までとなります。

債務整理をおこなう理由は、無理な返済を無くし、生活環境を整えるための制度でありますので、債務整理中に新たな借入をすることを、私はおすすめしません。

自己破産者が借り入れできない理由は信用情報機関に記録が残るから

債務整理に関しては、難しいですが借入ができる方法をお伝えしましたが、自己破産の場合はどうでしょうか。結論から伝えると自己破産の場合借入はできません。自己破産は債務整理と違い、全ての借金が対象になります

自己破産が認められたら、借金の支払いが免責になりますが、持っているクレジットカードや、カードローンなどは全て使用ができなくなります。信用情報機関にも自己破産した記録が残るため、記録が消えない限りは新しく借入をすることもできません。

信用情報機関はCIC、JICC、KSCがありますが、CICとJICCは5年で記録が更新され信用情報が回復します。KSCは10年情報が残るので、KSCに加盟している業者は自己破産から10年時間が経過しないと、カードローンなどの新規発行はできません。

KSCに加盟していない業者であれば、5年で理論上はカードローンを新規発行できます。しかし、自己破産していたときに利用していた業者では、再発行できない可能性があります。契約したことが無い業者で申込をするようにしてください。

自己破産後でもローンは組める

自己破産後でもローンは組めるのでしょうか。一般的なイメージだと自己破産をしたら、ローンが組めないイメージがあると思います。しかし、自己破産から一定期間経過していれば、ローンを組むことが可能です。

住宅ローンなど、銀行関係のローンを組む場合は、自己破産してから約10年の期間が必要です。理由としては、銀行がKSCに加盟しているからです。KSCは10年間、信用情報を保管しますので、自己破産の履歴が10年間は消えることがありません。

消費者金融のカードローンであれば、KSCに加盟していない企業に限り、5年間でカードローンを組むことができる可能性があります。ローンを組む時は状況に合わせて業者を選ぶようにしましょう。

自己破産した時期は情報開示で確認できる

自己破産した時期は情報開示請求で知ることが可能です。CIC、JICC、KSCで請求方法が違います。

CICの場合

  • スマホからの資料請求 → 費用1,000円、情報はスマホ画面上で即日観覧可
  • 郵送で資料請求 → 費用1,000円、書類は郵送で届く
  • 窓口で資料請求 → 費用500円、その場で開示

JICCの場合

  • スマホからの資料請求 → 費用1,000円、書類は郵送で届く
  • 郵送で資料請求 → 費用1,000円、書類は郵送で届く
  • 窓口で資料請求 → 費用500円、その場で開示

KSCの場合

郵送で資料請求 → 費用1,000円、書類は郵送で届く

となっています。KSCの場合は郵送以外で、情報を請求する方法がありません。基本的には、債務整理や保証会社が代わりに立て替えた場合などは、5年間情報が残ります。しかしKSCの場合は、官報情報の欄があり、破産手続開始決定等を受けた日10年間情報が残ります。

自己破産の時期と今の状況をよく考えてから申込先を選ぶ

自己破産の時期を把握できれば、審査に通る可能性がある業者を見極めることが可能です。まずは、最低でも自己破産から5年が経過しないと審査は通らないので、5年間は我慢するようにしましょう。

5年経過後は、CICとJICCの情報開示請求をおこない、マイナスになる情報が削除されているか確認をしましょう。削除の確認がとれたら、KSCに加盟していない業者であれば、審査に通る可能性がありますので、必要に応じて申込をするようにしてください。

10年経過後は、KSCの情報開示をおこない、マイナス情報が削除されているか、確認をとるようにしましょう。マイナス情報が削除されていれば、ローンを組むことも可能です。破産前に利用していたカードローン等は、業者に情報が残っている可能性があります。

審査に落ちる可能性が高いので、新規で申込をおこなわないよう、注意をするようにしてください。

カードローンは自己破産後でも利用できる?破産情報が消えていればOK

カードローンは、自己破産後も利用できますかとの質問を多くいただきますが、自己破産後でも利用は可能です。ただし、新規で作成したカードローンに限るので、信用情報から破産した履歴が消えていることが条件となります。

破産時に利用していた業者のカードローンは、業者のデータベースに情報が残っている可能性があります。破産時に利用していた業者でカードローンの新規申込をおこなうと、審査に落ちる可能性が高くなりますので、極力控えましょう。

ここからは、破産情報が消えたときに利用できる、おすすめの大手消費者金融を3社紹介します。

アイフル

テレビCMなどで顧客獲得に力を入れているアイフルですが、自己破産した方でも審査に通りやすい消費者金融となっています。アイフルは審査をおこなうとき、CICとJICCで信用情報を確認します。

CICとJICCは5年間自己破産の履歴が情報として記載されますが、5年を過ぎたら情報が削除されます。自己破産をして5年を経過していれば、審査を通過する可能性が高いので、興味がある方はアイフルのカードローンを検討してみてください。

アイフルでは、初回契約時にキャンペーンをおこなっています。キャンペーン内容は、ご契約日から30日間が無利息期間となっていますので、お得に借入が可能です。以下にアイフルの基本情報を記載します。

アイフル基本情報
  • 融資までの最短時間→25分
  • 審査時利用する信用情報→CIC、JICC
  • 電話での在籍確認→なし
  • 郵送物→なし
  • 必要書類→身分が証明できるもの(運転免許証など)
  • 収入証明→限度額の希望が50万円以下なら原則不要
  • 無利息期間→ご契約日から30日間が無利息期間
  • 実質年率→3%~18%
  • その他→系列銀行なし

アコム

大手消費者金融のアコムですが、自己破産後に作成するカードローンとして、おすすめできる商品です。アコムのカードローンは、クレジットカードと一体型で作成が可能です。カードローンの審査と同時にクレジットカードの審査も受けることができるので、有効に時間を使えます。

審査時に利用する信用機関は、CICとJICCなので、自己破産後5年を経過していれば、信用情報から自己破産の履歴が削除されていますので、審査通過のハードルも低いです。郵送物でカードが自宅に届くので、自宅に郵送されると困る方は契約を控えてください。

アコムでは、初回契約時にキャンペーンをおこなっています。ご契約日から30日間が無利息期間なので、キャンペーンを計画的に利用し、お得に借入をおこないましょう。

アコム基本情報
  • 融資までの最短時間→30分
  • 審査時利用する信用情報→CIC、JICC
  • 電話での在籍確認→あり
  • 郵送物→あり
  • 必要書類→身分が証明できるもの2点(運転免許証+保険証など)
  • 収入証明→限度額の希望が50万円以下なら原則不要
  • 無利息期間→ご契約日から30日間が無利息期間
  • 実質年率→3%~18%
  • その他→クレジットカードと一体型のカードローンを作成できる

プロミス

癖が強いテレビCMが印象に残るプロミスですが、プロミスのカードローンも自己破産後に作成しやすい商品となっております。審査時に利用する信用機関はCICとJICCなので、自己破産から5年を経過して申込をおこなってください。

電話での在籍確認はありますが、どうしても在籍確認を断りたい場合は、プロミスに相談してみてください。在籍確認なしで、書類提出のみで審査を受けることが可能になります。書類のみの審査はあくまで許可が出た場合に限ります。基本は電話での在籍確認があると思ってください。

プロミスでは初回利用時にキャンペーンをおこなっており、初回ご利用から30日間が無利息期間となっております。契約開始からのカウントではないので、カードローンを早く作成しても損をしないキャンペーンとなっています。

プロミス基本情報
  • 融資までの最短時間→30分
  • 審査時利用する信用情報→CIC、JICC
  • 電話での在籍確認→あり
  • 郵送物→なし
  • 必要書類→身分が証明できるもの1点(運転免許証など)
  • 収入証明→限度額の希望が50万円以下なら原則不要
  • 無利息期間→初回ご利用から30日間が無利息期間
  • 実質年率→3%~18%

自己破産中でも借り入れできる方法はあるがハードルは高い

自己破産中の新規借り入れは、難しいと思ってください。消費者金融では、CICとJICCを使って信用情報を調べるケースが多いです。自己破産して、5年後であれば、借り入れできる可能性があります。

中小消費者金融であれば自己破産履歴があっても借り入れ可能

自己破産をして5年を経過していなくても、大手以外の消費者金融であれば、融資可能な場合があるようです。なぜなら、法律では、「信用情報がブラックの場合、融資をしてはならない」と定められてはいないからです。

あくまで、貸し手側の業者が定めたルールの問題なので、貸し手側の業者が、信用情報がブラックだけど問題無いと判断したら、借り入れできる可能性があるのです。しかし、探し当てることは難しいです。

どうしてもお金が必要な場合は、知人や家族から借り入れすることも視野に入れながら、借り入れできる消費者金融を探した方が無難です。

どうしてもお金が必要な時は公的機関でお金を借りる

自己破産をした後、お金に困った場合、どのように解決をしたらよいのでしょうか。借り入れできる消費者金融を見つけた場合は問題ないですが、消費者金融などから借り入れできなかったとき、諦めるしかないのうでしょうか。

ここからは、生活を切りつめてもお金が足りない場合、どのような対処方法があるのかを、お伝えします。

生活自体が厳しい場合は公的機関を利用しよう

自己破産後、金銭面が厳しく生活が送れない場合は、生活保護を受けることができます。生活保護を受ければ、住む家と最低限の生活は可能なので、どうしても生活が苦しい場合は、市役所に相談してみてください。

その他にも、支援を受けられる可能性があります。生活が厳しく困ったときは、近くの市役所や区役所の出向き、相談をしてみてください。色々な方法を教えていただけると思います。

他に収入を得る方法を検討する

公的手段で支援を受ける方法以外であれば、単純に収入を上げる方法があります。昨今では、ダブルワークが可能な業者も増えてきています。体調を崩す可能性もありますが、仕事量を増やし、収入を上げることが、金銭面の悩みから解消される一番の近道です。

仕事量を増やせば、自由に使える時間が少なくなります。無駄な出費の防止にも繋がりますので検討してみる価値はあると思います。ダブルワークが不可な会社もありますので、会社の規定に気を付けましょう。

闇金のターゲットは自己破産者!絶対に借り入れしてはいけない

「自己破産者にも融資可能」や「ブラックでも融資可能」などの甘い宣伝で、顧客を集客している業者があります。このような会社は闇金の可能性が極めて高いです。闇金に手を出してしまうと、法外な利息を請求され、厳しい取りたてを受ける可能性があります。

周囲の方達にも迷惑をかけてしまい、最終的に孤立してしまいます。法的手段では解決できないケースも多いので、闇金には手を出さないと心の中で誓うようにしえください。

カードローンを自己破産者が利用する際の注意点

自己破産者手続き中であれば、カードローンが使える場合があります。自己破産者がカードローンを使えるケースもあります。ここからは、自己破産者がカードローンを利用する際の注意点をお伝えしていきます。

自己破産の手続き途中で借り入れすると自己破産ができなくなる

自己破産の手続きは裁判所を介しておこないますので、時間がかかります。自己破産の申請中に新たな借り入れなどをすると、自己破産が認められない場合があります。新たな借り入れをする行為は、免責不許可事由にあたる可能性があります。

免責不許可事由に該当すると、自己破産ができなくなりますので、人生のやり直しも叶わなくなってしまいます。自己破産手続き中は、絶対に借り入れをしないようにしてください。

自己破産した借り入れ先には二度とお金は借りられない

法律で決まっていませんが、自己破産した借り入れ先には、借り入れができないと思ってください。理由としては、信用機関の信用情報は長くても10年しか残りませんが、破産された業者はデータ化して、債務不履行者のデータを保存している可能性があります。

借金を踏み倒した相手に、再度融資をする業者は無いと思います。業者がデータを保管している限りは、自己破産した借り入れ先に、二度とお金は借りられないと、考えることができるのです。

審査がある以上絶対にお金が借りられる保証はない

信用情報から自己破産の履歴が削除されたからといって、確実に借り入れできるとは限りません。借り入れをするには、審査があります。審査の過程で、勤続年数が足りない、年齢が高齢すぎるなどの理由で審査に落ちる場合があります。

自己破産の履歴が無くなれば、融資を受けられると思ってしまいがちですが、舞い上がらず冷静に、今の状況を考えるようにしてください。

まとめ

今回の内容は、いかがだったでしょうか。世間一般では、自己破産すると融資が受けられないとのイメージが強いですが、実際は融資を受けることが可能です。融資を受けるには、自分の信用情報を詳しく知ること、業者が利用する信用機関を知っているか、などが重要になります。

正確な知識を持っていれば、自己破産した後でも、消費者金融でカードローンを作成することは可能です。クレジットカードの作成や住宅ローンを組むことも可能です。自己破産したいけどできなかった方一助に、本記事がなっていれば幸いです。